大腸がんから転移|メディカルダイエットも活用してがんにも負けない身体になる

メディカルダイエットも活用してがんにも負けない身体になる

男女

大腸がんから転移

ドクターと患者

日本人の病気により、死亡率は何らかのがんが原因で亡くなっています。それだけ、がんという病気は私達の身近に存在しておりいつそれが自分自身に降りかかるか分からないのです。基本的に、がん細胞というのは細胞が分裂する際に何らかの不具合によってコピーした細胞にエラーが起きた細胞のことをがん細胞といいます。そのため、私達の身体では毎日のようにがん細胞位がつくられているのです。ですが、身体の防衛機能である免疫がそれを破壊することで私達の身体は守られています。しかし、何らかの原因で防衛機能ががん細胞に負けてしまった場合それが大きながんへと成長してしまうのです。がんは、身体のどこでも発症することがあります。男性3位、女性2位の発症率があるのが大腸がんです。大腸がんは、年々増える傾向があり注意が必要だと言われています。

がんは、ステージが進む毎に転移する可能性が高くなります。大腸がんも、同様に他の臓器へと転移する可能性は非常に高いです。大腸がんは、肝臓に転移しやすいと言われています。基本的に、大腸がんから肝臓、または他の臓器へ転移が見られた場合でもその転移した悪性腫瘍を完全に取り除けば完治する可能性はあります。他の臓器へと転移した、患者の40%は完治する可能性があります。大腸がんを含め、がんを早期発見することが重要になります。大腸がんの、症状としては下痢、便秘、血便といった症状が現れます。がん細胞は、組織が弱く簡単に出血を起こすことがあるため血便は大腸がんの症状と言えます。そのため、便の採取は大腸がんの検査の1つとなっているのです。