卵巣がんを食い止める|メディカルダイエットも活用してがんにも負けない身体になる

メディカルダイエットも活用してがんにも負けない身体になる

男女

卵巣がんを食い止める

ナース

がんは、多くの人が認知するようになってきた病気です。しかし、がんは早期発見で治療が完治が可能になってきた病気でもあります。女性特有のがんである卵巣がんは治療が難しい病気だと言われています。乳がんについで、卵巣がんは女性に多い病気です。ですが、その発症率は乳がんに比べて多くはありません。多くはありませんが、発症してしまうと死亡率も高く極めて危険な病気だといえるでしょう。卵巣は、女性ホルモンを分泌するための大切な器官です。そのため、細胞は活発に働いているので腫瘍はできやすくても、良性腫瘍であることが多いです。また、卵巣がんの中にもいくつかの種類があり、悪性腫瘍でも比較的治療が行ないやすい境界悪性腫瘍と言われる卵巣がんもあります。境界悪性腫瘍の卵巣がんは、しっかりと治療を行うことによって治りますし、命に関わるようなことにはなりませんが、がんという病気は転移する病気です。そのため、卵巣で卵巣がんとして再発することがあります。この時、転移が始まっている可能性も高く手術では完全に除去することが難しいと言われています。

今、卵巣がんも含めてがんの最先端治療方法として免疫細胞治療という方法が行なわれています。がん患者の多くは、健康な人と比べると免疫細胞が著しく低下しています。そこで、患者自身の免疫細胞を取り出し、人工的に培養し活性化させた状態で体内にも戻すという治療を行ないます。それにより、体内の免疫力が強化されることでがん細胞を免疫細胞が確実に攻撃するようになります。それにより、がん細胞の進行を食い止めることが可能なのです。がんの三大治療と言われる手術、抗癌剤治療、放射線治療をと一緒に行うことによって副作用から体力低下までのデメリットを補うことで大きな効果を期待できます。薬などと違い、自分の細胞であるため副作用の心配がないがんの切り札といえる現在の最先端治療法なのです。