大腸がんを内視鏡治療で|メディカルダイエットも活用してがんにも負けない身体になる

メディカルダイエットも活用してがんにも負けない身体になる

男女

大腸がんを内視鏡治療で

医師

日本人の死亡率トップ、がんです。また、生涯日本人は2人に1人ががんに掛かる可能性があります。その中でも、男性女性で上位を占めているのが大腸がんです。大腸がんは、初期症状であれば完治させることが可能ながんの1つです。基本的に、がんは手術で腫瘍を完全に取り除くことが基本的な治療になります。大腸がんも例に漏れず、手術によって腫瘍を取り除く必要があります。しかし、初期症状の大腸がんであれば内視鏡治療で完全に取り除き治療をすることが可能です。内視鏡治療は、大きな傷を付けず小さな傷で手術を行なうことができるため患者に掛かる負担も大きな手術と比べてとても軽いものになります。また、完全に大腸がんの腫瘍を取り除くことができるので完治する確率がとても高いのです。

大腸がんの一番初期の状態で行なわれるのが、内視鏡治療という方法があります。この内視鏡治療が可能な場合は、先も述べたように大腸がんの初期状態にのみ可能です。リンパ節に転移している可能性がなくがんの悪性腫瘍が一括で取れるようなまとまった状態であるときのみ行なうことができます。目視やレントゲン、CTなどでは限界があり一見すると転移の可能性も見られず一箇所にまとまっているようでも、実際に悪性腫瘍を取り除き病理検査の結果次第では、再び別の手術や施術法を行う必要がります。それでも、内視鏡手術は大腸そのものを残すことが可能です。そのため、完治した後にも身体の負担が少く塩生活も問題なく過ごすことができる治療法の1つです。